HOME > よくあるご質問
よくあるご質問
  • よくあるご質問

お申し込み・お問い合わせ

  • カウンセリングのお申し込み・お問い合わせはこちらへ
  • お問い合わせ
  • 電話でのお問い合わせ
  • 052-261-5181
  • 月曜~金曜 9:00~19:00
    土曜 9:00~13:00
  • ※事務代行会社にて受付し、折り返し風早より連絡します。
 
セラピールーム あなたにおくる、4つの癒し
ライクユアセルフ 風早里美のブログ

よくあるご質問

このページでは、ライクユアセルフによく寄せられるご質問にお答えします。

ここにはないご質問のある方は、こちらからお問い合わせください。

A.01 カウンセリングを受ければ、自分は変われますか?

『変れます』とお答えしたいのですが、『変れる可能性があります』としかお答えできません。


それは、眠れなくて辛くて、食べる事も出来ず

「変りたい」と思ってカウンセリングにいらっしゃるのですが、

カウンセラーの力で『変えて欲しい』と思ってお出でになる方も多いからです。

 

そのようなお考えが本人も気付かない無意識の中に持っていると

自分を変える事は出来ません。

誰も人を変える事は出来ません。

私も、そのような力をもっていません。

その人を変えることが出来るのは、その方だけだからです。


ですが、結果として多くの関りを持たせていただいたクライアントの方が

『自分を変える』という事を経験され、私も見守りました。
正直、私の資格や肩書きはたいしたものではないと思いますが、

お出でになるクライアントの方の多くに結果として何らかのお手伝いは出来ているようです。

心穏やかになり、自分自身の心のフィルターを理解されて“卒業”されてゆかれました。
それは、そのクライアントの方がライクユアセルフにお出でになるまでに、

『変る為のエネルギー』を多く溜めてこられたからだと思います。

苦しくて辛くて寂しくて・・・、「そんな時間をもう過ごしたくない、

自分をしっかりと変えるんだ!」と決意してお出でになったからだと思います。>


心理学者のエリック・バーンは言いました。
「過去と他人は変えられない、未来と自分は変えられる」と・・・、私もそう思います。
その方が、本当に変る事を決意し変えていかれれば、必ず変る事が出来ます。

A.02 カウンセリングを受けると、どのくらいで変れますか?
(どのくらい、かかりますか?)

お出でになるクライアントの方は、多くの方がもたれる疑問のようです。

私がどの方にもお話しすることは、10回カウンセリングを受けてみませんか?と、お話します。


それは、結果としてお手伝いが出来るかどうかは分かりませんが、

今までのクライアントの方の多くが早くて3回、遅くても10回までに、

このカウンセリングが有効かどうか気付かれるようだからです。
つまり「何だか話したくなる」「何故か気持ちが軽くなってきた」

「薬でも眠れなかったのだが、眠れるようになった」とか、

症状や心の持ち方に変化が出てくるためです。


それまでに、クライアントの方とカウンセラーの私自身との相性が悪いようでしたら、

専門家である私の方が早く気付くと思いますから終了のご提案をさせて頂きます。
または、中には「変りたいエネルギー」が溜まっていない方もいらっしゃるようです。

その場合は、空回りをしてしまいスムーズな変化をしないで

悪循環をしてしまいますので、少しお考え頂き、本当に変る決意をされてから

再度お出でいただくようにご提案をさせて頂きます。

 

 

A.03 カウンセリングは、どのくらい時間がかかりますか?

しっかりとご本人が変りたい意思を持っていらっしゃれば変れるのですが、

どの程度の時間が必要かは一概に言えません。


Q2でもお答えしたように、ご本人に変りはじめている感覚があるので、

継続される方がライクユアセルフの場合多いようです。

その結果としてですが、身体症状が出ていない場合は

早い方は3回程度で、自分自身を整理された方がいらっしゃいます。


身体症状が出ている方の場合は1年程度が早くてもかかるようです。

ただし、「うつ病」「と診断され投薬を含め5~6年という長年通院されている方であっても、

1年程度の期間カウンセリングをされた事で投薬も含め回復された方もいらっしゃいます。

その方のご意向で「安定剤代わりに」という事で2年半まで1ヶ月に1回の面談をされ、

心に荷物を溜めないように整理をしながら回復を維持し、その後卒業されました。


その方の身体症状や、気質、深層心理のトラウマのレベルによって

一概に言えませんが、一つだけお約束できる事は無意味な料金発生はしない事です。

 

焦らず、しかし長期化せず・・・ということは心がけ実践しており

クライアントの方が続けたいとおっしゃっても、その必要が無い場合や、

カウンセリングの為に過去のトラウマを思い起こしてしまい効果を半減させる場合は、

必ず私の方から継続をお断りしています。

そういった意味で、誠意を持って対応させていただいていると自負しています。

 

必要ではない回数のカウンセリングを設定する事はありません。

以下に実際のプロセス事例をご本人の了解・ご協力の上、掲載させていただきます。

ご本人のコメントは、編集することなく頂いたものを、そのままコピーしております。

 

☆☆ カウンセリングのプロセス例 ☆☆

 

【個人面談・身体症状や通院のない方の例】
 田中 陽一さん(仮名:男性30代)・・・1回面談70分設定
  ~ 6ヶ月                           1週間1回(延長合計約150分)    吐出し・自己理解
  7ヶ月 ~ 10ヶ月                   2週間1回                                       実践、振返り修正
  10ヶ月 ~ 12ヶ月                   1ヶ月1回                                       安定確認後、卒業
 〈ご本人のコメント〉

  カウンセリングを受け始めた頃は、今のような穏やかな気持ちで

  家族と生活を送る事が出来る様になるとは、想像さえ出来ませんでした。

  風早さんに助けていただきながら自分を見つめ直し、

  家族を見つめ直して行く中で、自分を知り、家族を知り、

  そして自分をコントロールする方法を学ぶ事が出来ました。

  「自分を好きになる」にはまだまだ時間がかかりそうですが、

  「そうなれるといいな」、そんな気持ちで居られるようになった今日この頃です。

  本当にありがとうございました。

 

 

  <夫婦カウンセリングの例>→「離婚回避」がゴールではない事を前提にスタート
                                          (プロセスは別居する場合と、同居のままの場合があります)
佐藤 武さん(仮名30代)・好美さん(仮名30代)→5ヶ月頃まで延長多数 その後ほぼ定時
夫 個人面談70分設定 ・妻 個人面談150分設定(身体症状有り) ・夫婦カウンセリング 90分

 

導入・・・同居・ヒアリング                 
 【~1ヶ月】                  夫1週間1回 妻1週間1回   夫婦カウンセリング月1回

 

冷却期間・・・別居・・・吐出し・自己理解・対人理解
 【2ヶ月~3ヶ月】              夫1週間1回    妻1週間2回 夫婦カウンセリング月1回
 【~4ヶ月】              夫2週間1回 妻1週間1回   夫婦カウンセリング月2回

 

やり直しの可能性を探る・・・お試し同居・・・実践・振返り修正
 【5ヶ月~7ヶ月】                夫2週間1回 妻1週間1回 夫婦カウンセリング月1回
         夫婦生活再スタート決定により夫面談終了

       

安定した生活継続の確認作業・・・夫婦生活再スタート
 【8ヶ月~10ヶ月】                       夫 なし            妻月3~4回
                 理解・整理したものを実践・・安定確認後終了

 

  【カウンセラー風早からのコメント】

 このご夫婦は、とても順調に回復された例だと思います。

 短期間でしたが、面談回数、延長時間などが多かった事と

 ご自身を理解されてからのご夫婦の相性

 そしてお二人と、カウンセラーとの相性が良い循環をさせた為だと思います。

 

 お二人からはコメントを頂ける予定になっておりますので、暫くお待ちください。

 

【夫婦カウンセリング・ケース2】

  「離婚回避」がゴールではない事を前提にスタート
    (プロセスは別居する場合と、同居のままの場合があります)

 

伊藤 要さん(仮名40代)・洋子さん(仮名30代)

<状況> 別居中、子供二人。 最短回数の面談希望。身体症状:お二人とも無し。

導入・・・・ヒアリング
【~2ヶ月】       夫個人面談:1回(150分) 妻個人面談:2回(150分+90分:各々延長30分)

ご提案・・・個人面談により、「離婚回避の可能性」が高く、単発での夫婦カウンセリングをご提案。

【~3ヶ月】        夫婦カウンセリング→離婚回避の可能性が「0%」なのか確認作業

                   離婚の決意となっている理由について伝え合う →相互理解、謝罪、受容しあう
(離婚に至る言葉の裏側にある本当の意味)

ご提案・・・現況が「ボタンの掛違い」によるものと判明、
離婚回避できる可能性が高く「セット夫婦カウンセリング」をご提案

【~5ヵ月】     2ヶ月の間:夫個人60分X4回  妻個人60分X4回  夫婦90分X4回(延長180分)

<セット夫婦カウンセリング内容>
夫婦カウンセリング90分x4回・個人面談各自60分x4回。延長180分
夫婦カウンセリング前後に、夫と妻の個人面談を設定。    
(別途、妻のみ個別カウンセリング2回実施:各100分前後)

 

第1回夫婦カウンセリング・・・やり直しの可能性を探る(愛情の確認)
言葉の取り間違いを理解し、気持ちの行き違いを確認し、修正しあう作業

 

第2回夫婦カウンセリング・・・やり直しの可能性を探る(環境の修正)
やり直しに向けて、支障となる問題を排除する具体的な環境づくり

 

第3回夫婦カウンセリング・・・やり直しの決定(問題テーマの作り合い)
やり直しに向け、排除出来ない問題を話し合い歩み寄り、対処する際の結論を出す。

 

第4回夫婦カウンセリング・・・具体的生活の為の環境づくり(家計面・生活面・子供との関わり)
やり直しに向けた家計の設定など、現実的な生活面からの確認。
(ハード面からのアプローチ)
<心がけた事>
夫婦カウンセリングを進めていく中で、対話が一方的なものではなく、キャッチボールをして、相手の言葉を理解して受け入れる事や、自分の伝えたい事が適切な言葉で相手に伝えられるようにリード。
それらの対話が、少しずつ伝わり始める「成功体験」を積み重ねていく事を意識しました。

【カウンセラー風早からのコメント】
このご夫婦は、最短面談で順調に回復された稀な例だと思います。
短期間での関係修復に至った事には、いくつかの理由がありました。
一つは、夫婦生活の中での行き違いの理由が
わかり易く存在した事によって、お二人の気付きが早めに起こった事。
二つ目に、ある”きっかけ”により、比較的ぶつかり合いが起こり
トラウマになる前に別居となった為、傷つけあいが最小限で身体症状が出ていなかった事。

 三つ目に、夫婦カウンセリングの継続中、
対話の行き違いが「なぜ?」起きていた理由が明確に露呈した事。

 

 離婚に至るには、あまりにも残念なほど、お二人は人間的にも魅力的でした。
私は、悲しい行き違いによりお互いが見えなくなっているだけであることを認識し、

お二人が、ご夫婦として再出発出来る可能性を強く感じていました。
「夫婦カウンセリング」を開始するよう、カウンセラー活動を開始して初めて強くご提案をしました。

結果として良い方向へ向かい、やり直される結論に至ったのは、何か私が導いた訳ではなく、

お二人が心の何処かで「一緒に生きてゆきたい」というお気持ちが強かった為だったと思います。
また、ある意味では、お二人と、私との相性が良かった事が、良い循環をさせたかもしれません。

 お二人ともが、最終的には、攻撃的な言い方や、頑なになり正直に伝える事が出来ない等、

「防衛」を高める事無く、相手を信じキャッチボールの出来る心の状態となられ、各自が

「自分」を成長させてくださいました。まだまだ、「初心者マーク」はついていますが、

少しずつ、対話が上手に進むようになっていかれました。

 本来ならば同居を開始され、お二人のキャッチボールがスムーズに流れ始めるまで

サポートをさせて頂く事がベターだと思いますが、色々な諸事情により、

この段階で終了させて頂くことになりました。

ある程度、軌道には乗っていると思います。

お二人には相手を信じ、出来るだけ多くの言葉で対話をする事や、絡み始めたら少し時間を空け

それぞれが心の整理をしてから再度話し合う事などを、アドバイス。

それでも「対話」が絡んでしまった場合には、「単発」で夫婦カウンセリングにこられる事を

お勧めしました。

 


妻からのコメント(原文)

「主人との話し合いは毎回お互い感情的になり、罵り合うばかりで先に進まず、悩んでいました。
そんな時にライクユアセルフのホームページを見つけ、

藁を掴む思いでカウンセリングを申し込みました。
個人面談では、自分の気持ちが整理でき、夫婦面談では感情的になっても、

里美さんが間に入ってくださるので、主人と良い話し合いができました。

その中で、主人について新しく知ることがありましたし、

私自身も反省点やいろいろなことに気付くことができました。
卒業して1か月経った今の状況は、里美さんにいただいたアドバイスを思い出し、

自分達でがんばってみようと歩き出しているところです。
不安な気持ちでいっぱいですが、でも、「困った時は来てくださいね」と

里美さんに言ってもらえましたし、私達夫婦のことを

よくわかってくれている人がいるということはとても心強いです。
里美さんと出会えたことをとてもうれしく思います。
感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございました。」

 

 

 

A.04 カウンセリングは、どのくらい費用がかかりますか?

結果として、関りを持たせていただく期間によって費用が大きく違います。


医療機関以外のカウンセリングは保険がききませんので、

一般的に金額が高いと感じられる方も多いと思います。

 

私自身も、実際ダメージが大きくカウンセリングを必要とした際には、

苦しくて辛いので100円をかき集めて受けた事があるので痛感しています。

でも、そうしてでも話をしなければならない状況でしたし、

実際そうした事で回復できた経験を持っています。
ですから、雑談であったり不必要なカウンセリングによって料金発生をする事はありません。


中には、経費的なものを思うあまり

「2週間に一度、10ヶ月くらいで設定を」とおっしゃる方がいらっしゃいます。

その方がそれで回復される『見立て』(見通し)がたてば設定させていただきますが、

多くの場合、その見立てでは回復が難しい場合が多いです。
その場合は、申し訳ありませんがお断りをさせて頂いております。

 

私は、最後にクライアントの方が整理をされ少しでも心穏やかな状態で

卒業をされた時に初めて“目に見えない報酬”を頂いていると思いますので、

回復が想定できないカウンセリングは継続しない事にしています。

回復をお約束するわけではありませんが、

ここまではサポート出来る・・・と思えた場合だけ開始させて頂いております。


結果として1年しても2年のカウンセリングをしていても、

その方法では回復が出来ず卒業を迎えられないのであれば意味がありません。

ですから回復して頂ける可能性の高い方法でサポートさせて頂いております。

 

回復をサポートできないと分かっている方法でカウンセリングを始める事は

『誠意』の無い事だと思います。

ご提案のボリュームの面談をさせて頂き、

その時々にご自身に回復を実感していただく事で

私とクライアントの方の信頼関係を維持したいと考えております。


収入が制限されている方も多いので、

その場合には面談の何%かを毎回お支払い頂き、

残りは分割や面談終了後などにお振込みいただいておりますので、ご相談下さい。
今までの回復を喜んでくださったクライアントの方々は、

誠意を持って最後までお支払いいただいております。


時間内のみでも回復の可能性が高い場合は、

最初に延長できない旨をお伝え頂き、延長設定しない方法で進めさせていただきます。

A.05 カウンセリングは、どのような頻度で設定するのですか?

一般的に初回面接で150分を設定させて頂き、当面は1週間に一度のペースです。
不安定な方は(自殺願望など)1週間に2度のペースの方が妥当な場合があります。


以下に一般的な流れをお伝えします。
あくまでも参考ということで、身体症状の強い方は期間も長くなりますのでご理解下さい。


第一段階 吐き出し作業 1週間に一度 70分 3ヶ月~6ヶ月
第二段階 自己変革作業 2週間に一度 70分 2ヶ月~3ヶ月
第三段階 生活適応作業 1ヶ月に一度 70分 3ヶ月程度

面談の状況によっては、延長になる方も多いですので

30分までは自動的に延長をさせて頂き料金発生をさせて頂いております。

 

結果として話す内容や症状により、面談時間が100分~120分の場合もあります。
特に第1段階は多くの吐き出したい言葉が溢れていますので、

結果として毎回120分~150分の延長になる方が多いようです。

吐き出しの作業が終われば、随分と楽になるようです。


また、「パニック障害」や「対人関係障害」などの方は

面談時間が多く必要な場合が多く、

了解を頂き最初から150分で設定させて頂く場合があります。

 

それは、クライアントの方同士の接点を避ける為に、

その後の面談の方の時間設定にそれだけ間隔をあける必要があるためです。

A.06 カウンセリングで、何を話せばいいのか分からない

お出でになる方の多くが緊張をされ、「何を話せばいいのか」、

「何から話したらいいのか」とおっしゃいますが、

私は「一番話したい事からお話下さい」とお話します。


初めてお出でになる際は、色々なことが辛すぎて、

ただただ泣くばかり・・・という方もお出でになります。

ただ多くのクライアントの方と出逢ってまいりましたが

初回のお話の中に多くの意味が隠されているようです。


中には今までの経緯を書類にしてお持ちになる方もいらっしゃいますが、

あまり用意をしないでカウンセリングにお出でになると良いと思います。

考える」という事は「知」の部分の作業であり、

カウンセリングは「感じる」ことを大切にしたものです。

 

自分を考えてコントロールして無理をして頑張ってこられた方が、

これ以上頑張る事が出来ない・・・という状態でいらっしゃるのですから、

これ以上自分を「知」によってコントロールされると苦しくなってくると思います。

また、本当の心が求めている事が見えにくくなってしまうと思います。


相手であるカウンセラーに対して信頼関係が無いので

中々自分を見せることが出来ない方もいらっしゃいますが、

出来るだけ信頼して頂けるように努力しております。

お話を伺うプロセスで確認をしたり、

更に深めたりして言葉と心のキャッチボールをしていきます。

 

最後にクライアントの方に感想を伺うと、

思ったよりも話す事が出来た・・・と言って下さる事が多いようです。


また、初回お話を終えられると

「もう話す事は無いのだが、次回は何を話せばいいのか・・・?」

とお尋ねになる方が多いようです。

 

ところが2回目の面談にいらっしゃると、

初回以上に多くのことを話され延長になってしまう方が多い事も事実です。

それは、初回のお話から多くの周辺情報を思い出され、

少しサポートして促す事で記憶の中からお話をされる為に起こる現象です。


カウンセリングは、その時だけがカウンセリングではなく、

次回のカウンセリングまでの時間が一番大切なカウンセリングの時間なのです。


面談場所で話した事を、無意識の中でリピートしたり、

具体的に考えて思い出してみたりする事で、

本当の深層心理を自分で見つけていくことが出来ます。

その結果、自分がどういう”心の癖“を持っているのかを理解する事に繋がっていくようです。

A.06 短期間でトライできる夫婦カウンセリングはありますか?

 

 

本来、夫婦カウンセリングは、期限を決めることなく自然な形での個人カウンセリングで

“自分探し”をして夫々のフィルターを自己理解して頂き、平行してご夫婦の気持ちの行き違いが

何処で起きていたかを理解して頂く事で、夫婦再生の可能性を探って頂くものです。

 

ただ、昨年、関わりを持たせて頂いたモデルケースⅡのご夫婦に教えて頂きました。(質問03)

一定の条件をクリアされたご夫婦に限っては、短期間であっても再生の可能性を

お二人共に感じて頂く事が可能である事を教えて頂いたのです。

 

そこで可能性を探る試みの一つとして、「後悔しない為に・・・」、最後に夫婦継続の可能性を

探りたいご夫婦に今回の内容をご提案させて頂き、選択肢の一つにして頂ければと考えました。

「短期間に結果が出る」等と、カウンセリングにおいて邪道とも言うべき言葉を並べ、

開始をお勧めするつもりは全くありません。

「カウンセリング」という関りは、期限を決める事はあり得ないからです。

 

ですが、カウンセリングの中のコンサルテーションに近い「分析」「行動療法」の部分の

サポートであれば、『方向性をある程度見極める』お手伝いは短期間にできる可能性が

あると思っています。

「ファーストパッケージ」が終了した時点で、今後に短期間終了の可能性の有無をお話します。
現在のお二人の状況と、継続のご希望があればご相談をさせて頂きます。

短期間で終了する可能性が低いにも拘らず、それを明確にせず継続するような

誠意の無い関りをするつもりはありません。

 

私自身も、離婚を経験していますし、子供がいる前提での離婚の辛さも迷いもありました。

私は「離婚回避がゴールでは無い」と強く思っています。

縁あって結ばれたお二人の結婚生活に何が起こり、離婚という結果に至ったのかを

理解していただく事で、今後の人生に対して少しでも生かして頂きたいと思っております。

 

それは綺麗ごとではなく、「夫婦カウンセリング」関りをさせて頂いた方々で、

離婚回避に繋がり再スタートをされたご夫婦で今でも年賀状などでお二人の幸せな笑顔を

プレゼントして下さる方もいらっしゃります。

 

残念ながら離婚に至ったお二人が修羅場の面談を通っていても、最終面談では離婚という

残念な結果に終わっても笑顔で互いに感謝をしながらお別れをする姿を見守ってまいりました。
たとえ離婚になったとしても、その方のその後の人生に向けてダメージの無い様な心の整理と

理解のお手伝いが出来れば嬉しく思います。

 

お申し込みをご希望の方は、以下の内容を十分にご理解頂きご検討いただければと思っております。

 

<C.C(夫婦・カップルカウンセリング)ファーストパッケージの流れ>

  1. HPにて「開始条件」と合致しているかの確認→お申し込み
  2. メール等によりご希望を伺い、日時設定のご相談。→「お申し込み」の受諾
  3. 面談日時の確定の後、料金の御振込。→ カウンセリングの開始確定
  4. 「C.Cファーストパッケージ」(参照)の開始・終了
  5. 「C.Cセカンドパッケージ」のご提案。(可能性・回数など)
  6. (この時点で、短期間ゴールの可能性と、その理由をお話しします。)

その後、短期間(セカンド2セット終了の可能性大)の継続のご夫婦のみ、

「セカンドパッケージ」を開始します。

 

<C・Cパッケージを開始されるご夫婦の条件について>

  現在、他傷・自傷・自殺行為をする可能性が無い事。

  現在、大きな身体症状(不眠・摂食障害等)が出ていない事。

  現在、精神科・心療内科を受診していない事。 

  過去に精神科・心療内科を受診し、「うつ病」を除く「精神障害」の診断を受けていない事。

  「離婚回避」が前提ではない事を、お二人ともが理解している事。

  「後悔の残らない選択をしたい気持ち」が、お二人ともに強い事。

  誠意あるカウンセリングを遂行していきますが

             「夫婦関係回復の確約」前提ではないと理解している事。

 

<面談の日時設定について>

  原則として、設定期間は各パッケージで初回カウンセリングから3ヶ月以内とします。

  個人での面談と面談の間隔は、原則として1週間とします。(特に2回目は必須)

  夫婦カウンセリングについての設定日時の間隔は、長くても2週間とします。

  具体的日時設定については、ご相談した上で流動的に設定させて頂きます。

  出来るだけご希望日の設定を心がけますが、他業務・出張の関係で添えない場合があります。

  1. 設定後の日時変更についてはキャンセル料金の発生しない時点で受付け可能ですが
  2. 設定日時が限られておりますのでスムーズな進行の為にも、出来るだけ変更のない様
  3. お願い申し上げます。

<途中終了について>

途中終了の可能性が高い場合は、パッケージではなく一般的な夫婦カウンセリングをご検討下さい。

お振込後、開始以前の終了については、振込手数料を相殺し御指定口座に返金をさせて頂きます。

パッケージの途中にて継続不可となった場合、理由に関らず入金後の返金は一切出来かねます。

一方の方が個人面談の継続希望がある場合、料金返金はパッケージの性質上出来ませんが、

該当する残金を有効流用出来るようご相談をさせて頂きます。

             
<長期間かかる場合についての補助説明>
今までのご婦カウンセリングでの最長期間は、

   個人・夫婦面談の併用で2年数ヶ月を経過したケースでした。
長期間かかる可能性のある場合のご夫婦は、以下の通りです。
(例1)
一方の方、又はお二人共にトラウマから、心のフィルターの歪みが大きく、パートナーの言葉に信頼感がない為受け入れを拒否し、時間がかかる場合。(相手の言葉が理解し難い)
(例2)
一方の方、又はお二人が「不眠」「摂食障害」「自殺願望」などの身体症状が顕著に現れており、まず個人回復が必要な場合。→「個人カウンセリング」の終了後に「夫婦カウンセリング」へ
(例3)
「浮気」「借金」等の具体的理由により、一方の方の心の傷が大きく、「個人」「夫婦」カウンセリングの回数がある程度必要な場合。
(例4)
一方の方、またはお二人が、精神障害・発達障害を持っておられ、意思疎通がはかりにくい場合。


C.C(夫婦・カップルカウンセリング)ファーストパッケージ料金  70,000

登録料                                5,000円x2名                                     10,000円
初回面談                            夫(個人面談150分)                          15,000円
                 妻(個人面談150分)             15,000円
個人面談                            夫(2回目面談70分)                            7,000円
                 妻(2回目面談70分)              7,000円
夫婦カウンセリング                初回夫婦カウンセリング(180)                  18,000
 合 計                                                                                          72,000円
                 延長料金が発生した場合、面談終了時に毎回清算

 

C.C(夫婦・カップルカウンセリング)セカンドパッケージ料金  100,000

夫婦カウンセリンク                       第2回~5回(90分)           10,000円x4      40,000円
個人面談            夫x4回(個人面談70分)   7,000円x4        28,000円
                  妻x4回(個人面談70分)   7,000円x4        28,000円
                                            延長料金100分                                            10,000
 合 計                                                                                                      106,000円
    パッケージに含まれる延長料金が不足した場合、その時点以降で毎回清算

 

 

このページにないご質問のある方はこちら

お問い合わせ

ページの先頭へ戻る